So-net無料ブログ作成
検索選択
TOKIO 松岡昌宏 ブログトップ

第6回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表 [TOKIO 松岡昌宏]

週刊エンタメビジネス誌コンフィデンスが主催する「第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の各賞が発表されました。





作品賞に輝いたのは、新垣結衣さんと星野源さんが共演し、主題歌の「恋」も大きな話題となったTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」。作品賞のほか、主演女優賞など7部門中6部門を独占しました。


主演男優賞は、テレビ朝日系「家政夫のミタゾノ」で主演を務めたTOKIOの松岡昌宏くんが受賞しました。

松岡くんは「ミタゾノの役は、演じてすぐに手応えを感じることができました。街中やロケ現場で、“ミタゾノさん!”と役名で声をかけていただけたことが、とても嬉しかったです。


常日頃、今までにないものをやりたい、みんながまだ観たことのないことをやりたい、テレビで面白いことをやりたいと思っているので、女装をするミタゾノというキャラクターが、視聴者に何か引っかかってもらえるような存在になれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません」と喜びのコメントを発表しています。

<第6回コンフィデンスアワード・ドラマ賞>

作品賞
『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)


主演男優賞
松岡昌宏(『金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』』EX系)


主演女優賞
新垣結衣(『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)


助演男優賞
星野源(『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)


助演女優賞
石田ゆり子(『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)


脚本賞
野木亜紀子(『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)


新人賞
大谷亮平(『逃げるは恥だが役に立つ』TBS系)


「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」はオリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催。


視聴者のドラマ満足度を調査した「オリコンドラマバリュー」結果と有識者の意見をもとに、質の高いドラマを発表する賞。15年7月よりスタート。




恋ダンス 子供たちと練習しましたw

【反転・ミラー】 恋ダンス TVフルVer. 【振り付け練習用】 - YouTube





ジャスティ―の買取価格は?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
TOKIO 松岡昌宏 ブログトップ